スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の日の贈り物

2009年06月24日 09:57

日曜日は父の日でした。

幼稚園で父の日のプレゼントを作ってきました。



船上ではなく海上に立つ父(ニンジャ)。↓

062109A.jpg

この鏡でお父さんの頭頂部の髪を・・・(以下自粛)



そしてもう一つ。

のんちゃんの通う幼稚園のお友達のママが、ガラス教室の先生をされています。

それに参加して、ガラス細工を作ってきました。


(画伯本人による題名)
「のんちゃん、かわいいのときれいなのがスキなの!」

062109B.jpg

お約束ですが・・・父の日と関係がないお花基調のテーマとなりました。



そして、父の日のカード。


062109C.jpg


お父さん、このカードをみた瞬間、



(オット)「Oh!! オトウサン、オッキイ、オOンOンアルネ!!!」

その発言に、のんちゃん大激怒!


(のんちゃん)「That's mommy and baby!!! (マミーと赤ちゃんだよ!)」


どうやら、



父の予想した構図


お母さん(左) お父さん(中央) のんちゃん(右)



のんちゃん画伯が書いた構図


のんちゃん(左) マミーと赤ちゃん(中央) お父さん(右)



「おとうさん、ありがとう」のセリフと構図が見事にミスマッチした作品となりました。




お父さんの髪の量の具合といい、

家族間の力関係の描写といい、

いまだ鋭い観察感をもちつづける画伯。

これからもその調子で、家族描写に邁進していただきたい。


あれ?そうだ、父の日のブログだったね。

お父さん、(存在と髪が薄いけど)いつもありがとうね。


スポンサーサイト

兵士A

2009年02月03日 21:30

先週くらいからバタバタと風邪で園児が倒れてましたが、

わが子もしっかり風邪をもらってきたようです。

昨日から咳をしだし、今日は鼻水と咳、大放出。



昨日は数時間に1回程度の咳だったので、学校へ行ったのですが、

風邪を移されたくない私は、マスクをして学校へいく道を運転していました。


そうしたら、前方にみえるパトカーから警察官がおりてきて、

傍らに停めるようにという手サインを送られました。




アメリカでは病院の先生とかでしかマスクしている人はみないですから、

よっぽど怪しい人と思われたらしい。


傍らに停めて、マスクをはずして警官が来るのを待っていたら、

しばらくジロジロのんちゃんを見た後、

GOサインがでました。




もしかして誘拐魔と間違えられたか??




こういう時、母親似であったのんちゃんに感謝。

(って、こんな状況でしか似ていることを感謝できないのは悲しすぎ。)







さて、話はかわり今日のできごと。

一日ヒッキーな母子は、写真の整理をしておりました。


超楽観主義で、能天気なオットですが、

実は8年ほど軍隊に所属していた退役軍人であります。

(ビリーじゃなくて本物ブートキャンプ経験者。なのに、お腹ぽっこり気味。)




その頃の写真が出てきて、いくつかは銃をかまえて迷彩服を着てる写真があったので、


(私)「のんちゃんのお父さん、レゴ・インディージョーンズみたいだったねえ。」


(のんちゃん)「のんちゃんのお父さん、インディージョーンズじゃないよ。帽子が違うよ。


お父さんはインディージョーンズのいじわるの人だよ。







・・・・・。



ああ・・・。



これ。


これね。










レゴ・インディー・ジョーンズに登場する「いじわるの人」。
020309A.jpg


インディーをやっつけようとするが、すぐやられる人。







いわゆる雑魚キャラ。









2009年度第1回、母による美しい日本語講座はズバリ、


「のんちゃんのお父さんは雑魚キャラだったの・・。」

となりそうです。


ゲーマーのゲーマーによるゲーマーのための・・・

2009年01月31日 16:54

オットとのんちゃんがはまっているPS3ゲーム

「リトル ビッグ プラネット」


自分でゲームを作ったりできます。


のんちゃんを寝かした後、密かにこつこつゲームを作っていたオット。

ある人がオットがつくったレベルでプレイしているのをyoutubeに載せてくれたので、ここでも紹介します。




↓↓↓









「のんちゃんができそうなレベルを作った」というオット。



私、一度もゴールにたどりつけてないんですけどね・・・。


ゆ~きや、こんこ。

2008年12月17日 14:52

ここポートランドは雪。

日曜日に粉雪の吹雪が降り、

月・火曜はー10度以下の寒さが続き、

今日はぼた雪で10センチほどは積もるそう。






今のところ3日間連続


学校閉鎖。



↑のせいでしょうか、

せっかくおさまってきたと思ったつわりも再発。

病じゃないけど、「つわりは気から・・」とは本当ですな。



雪が降り、学校が長期休みになったりすることは

かなり珍しいポートランド。

(4年に一度あるかどうからしいので、オリンピック年を狙った寒波?)


月曜日には、高速道路を凍結させないために

化学薬品を撒いていた大型タンク車が、

氷ですべって横転。

薬品が流れ出し、高速道路上下線とも閉鎖となりました。



どんだけパニックなんだ、ポートランダー。







そのパニックぶりにも驚きですが、

とうとう今日は、オットのオフィースも雪のため閉鎖となりました。


仕事は家からしてください・・とのお達し。









雪だるま作り

121708B.jpg




ソリ

121708A.jpg





雪を喰う人

121708C.jpg





オット、仕事をしろ!








親友の旦那さんの出来事から・・


生きていることだけでも感謝・・・。

健康に毎日お仕事頑張ってきてくれるのは本当に有難いこと・・・。



確かにそう思った。


思った。


思った。



が・・!!!



現実を目の当たりにするとイラッとくるのは、私だけだろうか?


教えて、奥様!






最後に


「スノーエンジェル作るの~」と頑張っているのですが、

どうみても

「ファーゴ」の死体な3歳児

121708D.jpg



<参考画像>映画「ファーゴ」
Fargo.jpg






大寒波に見舞われている北西部の方、

くれぐれも事故のないようにお気をつけて。





どうして、どうして、私たち~♪

2008年08月02日 20:04

昨日、車で小さなショッピングモールを通った時、

大きな紫の風船がお店の屋根についていたのを発見したのんちゃん。


(実際の会話は3歳児のブロークンな英語でなされています。)


(のんちゃん)「見て!紫の風船があるよ!」

(ダディ)「ほんとだ。」

(のんちゃん)「どうして? どうして風船あるの?」

(ダディ)「・・・どうしてだろうねえ。」

(のんちゃん)「ブルーベリーのお誕生日なのかなあ?」





く~っ、萌えたよ。(BAKA THE OYA) 

この瞬間があるからこそ、3歳児の母は辞められないんだな。

(それ以外、辞職したい時は多々あるが。)





しかし、

この「どうして?」「なんで?」の3歳児による使用頻度が高いのは万国共通なんですかね?


のんちゃんは日本語では「どうして?」

英語の会話では"Why not?"を連呼します。

否定文でもないのになぜか"Why not?"。




「どうして?」が始まると、私が答えにつまるまで、延々と「どうして?」が繰り返されます。

最近では、「どうしてだろうねえ。」とか

「マミー英語わかんないから、お父さんに聞いてごらん。」とか言って、

すべてオットに擦りつけております。




ところで、

先日、義姉とその娘Aちゃんが夕飯を食べに来るというので、

何品かの料理を同時調理中の忙しい最中、

(オット)「のんちゃん!ダメ!」

と叱責がリビングから聞こえてきました。



のんちゃんが大事な紙にペンで落書きした模様。



(私)「そんな大事なら、のんちゃんの届くところにおいて置くのが悪いんだよっ!」



と言い放ちながら、

ストーブ4つフル回転させて料理ストレスマックス状態のときに、



(オット)「ほらっ!みてみて!これっ!すっごく大事だったのに~!!」


と見せてきたのは、



















オンラインゲームの懸賞応募用紙。with のんちゃんのサイン









「ねっ!ひどいでしょっ!!これに応募するために徹夜でゲームしたんだよっ!!」


とご立腹なオット。


くだらないことで料理の邪魔をされそれ以上にご立腹したヒトがいたことは言うまでもない。





息子よ、今度、父に


「どうしてネトゲがそんなにだ~い好きなの?」

と聞いてくれ。






最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。