スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘆願書

2011年03月30日 21:09


アメリカには、すでに調合されたミルクがあります。
旅行や外出の時に便利です。


今回の震災で被災し、ミルクを必要としている赤ちゃんに
調合済みのミルクを大手のミルク会社から送ってもらおうという嘆願書サイトです。
私も微力ながら署名させていただきました。
目標の5000人には3日足らずで達成したそうです。


http://www.thepetitionsite.com/2/Feed-hungry-Japanese-Babies/


被災されたママには、この震災のショックやストレスで母乳が出なくなった方も多いと聞きます。

水道水が赤ちゃんにとって危険な今、この嘆願書で安全なミルクが日本の赤ちゃんに届くことを強く願います。
スポンサーサイト

Coins For Japan

2011年03月17日 21:33

今週は、意気沈鬱した週でした。

毎日流れてくる日本からの悲しいニュースに加え、

坊ちゃん、38度以上の熱が4日以上続き、

病院に連れて行ったら、中耳炎でした。

ただいま抗生物質投入中。



そんなブルーな週を過ごしたのですが、水曜日。

のんちゃんのキンダーのお迎えに学校へ行くと、

正面玄関に、


COINS FOR JAPAN

のビラが一面に貼ってありました。


学校からの連絡で、紙が一枚入ってました。


「今回の日本での大災害への義援金として小銭を集めますので、

寄付したい人は、明日の全校朝礼の際に各自持ってきてください。」


とのことでした。



ほとんどの生徒にとっては、名前だけしか知らない遠い国、日本。

遠い国である日本や今回、被災された方を思って、

自分たちができることとして、この企画を考えてくださった学校とその関係者の方々の思いに感涙。

校長先生に感謝のメールを送りました。



のんちゃんも今回のカリフォルニア旅行のために貯めた自分の小銭を寄付することにしました。

ジャム瓶一杯の小銭に

「日本 がんばれ」

と、のんちゃんがメッセージを書き、

明日の朝礼に寄付します。


031711.jpg



被災された方と日本に住む皆様に、

どうか一日でも早く平穏な日々が来ますように。



何かできること

2011年03月15日 20:34

毎日、朝を迎えるたびに気が滅入る新しいニュースが入りこんできます。

被災先で、坊ちゃんと同じくらいの赤ちゃんを抱っこしているご家族の方の映像をみると、

胸が締め付けられる思いです。



私の知り合いでは、まだ一人連絡のつかない人がいます。


LA時代に一緒に働いていた福島在住のHK君、

このブログみてるかどうか分からないけど、

無事だったら連絡ください。


その他の東北出身のお友達やご家族とは連絡が取れました。

ご無事でよかったです。



日本全体で、これからトイレットペーパーやおむつ、ワイプなどが不足必須とのこと。

アメリカから少しでも援助ができれば・・と思ってます。



そして、最後に、原発のこと。

家の父親の仕事は電力会社の下請けなので、実情をよく話してくれますが、

この惨事はなるべくしてなったものなんだ・・と思うと悲しくなります。

こんな大災害の時にも、私利私欲を捨てられない政府と電力会社。

これから日本はどうなっていまうんだろう・・・と思うと、不安と悲しみで落ち込みます。

でも、被災者の方が頑張られているのだから、気を奮い起こし、

遠くからでも何かできることを考えています。



tsunami

2011年03月11日 20:37

日本の皆様、ご無事でしょうか?

ここオレゴンでも今朝、海岸に小さいながら津波が押しよせました。


私の友達の何人かは東北出身で
ほとんどの方は、無事を確認できたのですが、
ご家族とは、まだ連絡がとれない方がいます。
どうぞ、ご無事でありますように。


愛された犬

2011年02月26日 23:34

昨晩、実家の犬のラブちゃんが天国に召されました。

4日前まで元気はつらつだったのですが、

脳梗塞で倒れ、2日間頑張りましたが、土曜日に亡くなりました。



私の大学の友人宅で生まれたラブちゃんは、

我が家に1998年の11月に来ました。

翌3月に私の兄が結婚、6月には私が渡米と

子供がほぼ同時に巣立って行ってしまったので、

私の両親にとっては、ラブちゃんは目に入れても痛くないほどかわいく、

実際、みんなからは「今度生まれ変わったら、ラブちゃんになりたい。」

と言われるくらい大事に育てられていました。


ご近所からもいつもラブちゃんは声をかけられていて、

名前通り皆から愛されていた犬でした。


歌も歌うし、人間の会話をよく理解していて本当に頭の良い犬でした。

先週、実家にスカイプをしたら、両親が不在だったのに、なぜかスカイプがオンになり、

ラブの声が聞こえてきました。その時は、「ラブはスカイプもできるんだねー。」と皆で笑っていました。


ラブの知らせを聞いて、泣いていたら、のんちゃんに

「ラブちゃんはいるよ。おばけになって、じいじとばあばの近くにいるよ。」

と言われました。



そうだね。ラブがおばけになっても、またスカイプしてくれて、ラブの声が聞こえてくるかもね・・。





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。