スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本滞在記2010夏~ラブ編~

2010年09月23日 09:59

到着した翌日、坊ちゃん丑三つ時に起床。

時差ぼけ真っ最中で、じいじ&ばあば含め家族全員が巻き添えを食う。

その後、4日間は午前4時半ー午前5時起床というパターンでありました。

アメリカ時間で一人生きている坊は、ある意味「時差がない」んだろうな。


じいじ&ばあばも原則朝は早いので、それほど早朝起床は問題ないのですが、

一人老体に鞭打って坊ちゃんのスケジュールに合わせないといけない方が・・。


↓↓





実家の犬、ラブちゃん

JAPAN-3.jpg


wikipedia引用文;

齢(よわい)11年の爺さん犬。4年前に歩行器でのんちゃんに何度か轢かれトラウマが残る。それが原因か(?)後方両足が不自由のため車いす生活を送る。






4年前のトラウマがデジャブるラブちゃん


JAPAN-4.jpg

なるべくのんちゃんに似たヤツとは目を合わせないよう細心の注意を払う。





接触を極力控えようと・・・・









JAPAN-1.jpg


ヒィイッ、背後霊!???








拡大図;「家政婦は見た!」状態のラブちゃん。
JAPAN-2.jpg








そんな、家政婦犬ラブちゃんがみたもの・・・。





それは・・。




ブラックホールマンみたいな扇風機のほこりよけビニールをはぎ取っているのんちゃん似のヤツ。

JAPAN-5.jpg




<参照画像>左;ブラックホールマン
blackhole.jpg
最新型扇風機をブラックホールマンと思う私はもちろんキン消しジェネレーション。









誕生日ケーキからできるだけ逃げようと必死になり、泣き声がデジャブかと思わせるほど同じののんちゃん似のヤツ。

JAPAN-6.jpg









「闘莉王選手のものまねをする今野選手」のものまねをするのんちゃん似のヤツ。

JAPAN-8.jpg

「あつまれ~!」
(どうみても暴走族のヘッド。)








誰にもなつかないはずなのに、僕のお父さん(じいじ)にだけはなついて甘え上手なのんちゃん似のヤツ。
JAPAN-7.jpg


お互い次男坊同士、何か通ずるものがあるのでしょう。気性の荒さも似ております。






ハッ! 目が合ってしまった!








JAPAN-10.jpg


す・・・すいません。



坊ちゃんに近寄れば、必ずヤキを入れられるラブちゃんでした。(乙)







以上で3カ月遅れの日本滞在記は終了です。


スポンサーサイト

のんちゃんキンダーに行く

2010年09月11日 21:27

キンダーが水曜日から始まりました。

今までは少人数制の日本語の幼稚園しか通園していなかったので、


初・英語の学校

初・大人数のクラス


初・バス登校



キンダー初日の前に、オリエンテーション(説明会)やら、テストやらオープンハウスやらで、

何度か学校の雰囲気を味わう機会が設けられたのですが、(そのうち1回は泣いております。)

キンダー登園日が近づくにつれて、のんちゃんのテンション、日経株価並みに続落しておりました。


そして、当日。

私は6時半に起き、弁当を作り、テンション無理やりアゲアゲで、のんちゃんの緊張を解こうと試みるも・・。



MN5(マジで泣きそうな5秒前)なのんちゃん。↓


090810A.jpg



うっわぁぁあ、やっべぇ、作戦失敗かぁ・・。


と思った瞬間、

のんちゃんバスに颯爽と乗っていくではありませんか!


090810B.jpg


おおおおおおおおおおおおっ!!


近所の4年生のお友達が前のバス停から乗っていて、その子を見つけるや否やその子の隣に座ったのです。


祝・のんちゃん、第一関門突破!

その後、私、だんな、坊は先回りして学校へ行き、のんちゃんの乗るバスが来るのを待っていました。



バスから降りたら、先生が待っている玄関へ行けばよかったのですが、

何せ全校生徒550人がその玄関を通っていくので、玄関は混沌。


キンダーの生徒はほとんど親同伴で来ていたのですが、親が来ていない子の一人に、

「僕の先生どこ?」って聞かれたくらい大混雑。

私たち親も、「先生はどこ?」って探すくらい大変でした。

さらに、先生の要領の悪さも手伝ってか、チェックインしてからも20分くらい待たされました。


その後、全生徒が集まり、玄関でさようなら。

(のんちゃんの学校は教室まで親は同伴してはいけないことになっています。)


第二関門、突破なるか??と、ドキドキしたのですが、バスで自信をつけたのか、あっさり、バイバイ。

クラスが終わって、迎えに行った時も



「僕泣かなかったよ。キンダー楽しかった♪」


って言ってくれて、

スクールウォーズの滝沢先生ばりに泣き虫なのんちゃんがここまで成長したことに感動して、

母が泣きましたよ。




とっても感動的な初日でした。



が・・・




そこで終わりじゃないのが、やはりのんちゃん。



翌日。





無事バスに乗り、

昨日のようにオットが先回りして玄関で待っていたところ、

のんちゃん、お父さんを見つけるや否や大号泣。




「ダディーと一緒にいたい!!!!!」

と周りがドン引きするほど号泣。



そして、



校長先生直々にエスコートされて(連行されて)、教室へと消えて行ったそうです。




2日目で校長先生に名前を覚えてもらい、エスコートまでしてもらうVIP待遇。 

笑いにはぬかりのないわが子であります。




そして、3日目の金曜日も

玄関に先生がいなかったらしく号泣。(大号泣から少し前進)

再び、校長先生にエスコートされてきました。




こんな感じで3日間が終わりました。

月曜日、どうなるんでしょうかねえ・・。




キンダー登校・イブ

2010年09月07日 20:38

明日から、のんちゃんはキンダーに行きます。

今までは日本語の幼稚園オンリーで、週3日の3時間。

初英語の学校、初バス。

親である私が超緊張して、今夜は寝れそうもないなあ。

(と言いながら、10時すぎにはちゃんと寝ますが。)


この不安感、娘が初めて彼氏を連れてくる父親の感覚と同じかしら?


とにかく、バスの窓から

「まああああみいいいいいいいいいいい!」

(または「だああああああでぃいいいいいいい!」)

と、号泣されないことを願うのみ。


頑張れ、のんちゃん。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。