FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ER体験記その1

2009年08月28日 17:52

更新が途絶えていた間、

乳腺炎→抗生物質を服用する→副作用で下痢・発熱→飲食できなくなり脱水症状→ER行き
という踏んだりけったりな経験をしておりました。

長いので、この話に興味ある方は下からどうぞ。

お食事中の方はご遠慮くださいね。
先週の木曜日のこと、

右脇下にシコリができているのに気づきました。
以前にもなったことがあるので、それ以降、授乳はフットボール抱きにしたり、乳管のつまりをとるマッサージをしたりしたのですが、、それでもシコリがとれず。さらに乳首先に白斑ができているのを発見。
夜、右おっぱいがチクチク痛くて眠れない。搾乳機ではとれないシコリだったので、「早く吸ってくれ~~~。」と願うも、母の横でぐっすり余裕の4時間寝続ける虹男くん。ある意味、親不孝物だぞ。


そして、金曜日の朝。

相変わらずシコリはあり、そのシコリからリンパ腺にかけて熱をもった感じでだるくて、とうとう右手が上がらなくなってしまいました。

産婦人科に電話したら、

「乳腺炎ですから抗生物質出しておきますね~。シコリがなくなっても、7日間必ず服用してください。それでも症状が改善されないようでしたら、ドクターに見てもらいましょう。」

と看護婦さんに言われ、その夜から素直に抗生物質を服用しはじめました。

抗生物質を服用してても授乳は続けてくださいと言われたので、ちゃんと授乳も続け、
さらに食事も和食とお野菜中心の食事のみにし、ネットで知った乳腺炎に効くたんぽぽコーヒーも飲み始めました。

その甲斐あってか、シコリは徐々になくなり、白斑もとれたのですが・・・。

抗生物質を飲み始めてから、下痢が始まり、日を増すにつれ、下痢が徐々に悪化している感じになってました。


そして、火曜日。

朝3時。お腹の激痛で目が覚め、トイレに引篭もり。
トイレにいないとき以外は、文字通りのたうちまわっていて、気づいたらみんな起きてきました。

運が悪く、今日はお友達と遊園地へ行くお約束をしていた日。のんちゃんは今日を心待ちにしていたので、どうにかして連れて行ってあげたいけど・・・。

でもこの痛さ、

「子宮口8cm開いてるときの陣痛並みにマジ痛い。しかも手で抑えてないと出てきそう。

でも、連れて行ってあげたい・・・。」

この葛藤を続けながら、下痢の並みがないときに、昨日の残り物をお弁当箱に詰めるので精一杯。
(今更ながら、あの状況でお弁当を作った自分に拍手。かあちゃん、よくやった。)

お弁当を詰めおえ準備ができたころには、2回嘔吐もし、ソファーから起き上がれない状態になってしまったので、友達のママにかろうじて電話して、のんちゃんだけ一緒に遊園地に連れて行ってもらうことになりました。ありがとう!N君ママ。

その後、抗生物質を出した産婦人科に下痢・嘔吐・微熱の症状を訴えると、

「ん~、抗生物質の副作用とは断定できないわねえ。もしかして、風邪かインフルかもしれないし。あなたの主治医かUrgent Careにいってみて。」

と言われました。

金曜夜から服用して土曜から下痢が続いているのはあきらかに副作用だと思うのに、自分が処方した薬の非を認めないのはさすが訴訟国アメリカ。「すみません」と言ったら負けだものね。


ともかく、産婦人科は当てにならないので、オットにUrgent Careへ連れて行ってもらいました。
(アメリカの病院は予約制が普通なので、緊急のときはURgent CareかERへ行きます。)

待っている間も2回ほどトイレへ走り、ようやく先生が登場!


「はやく~~!下痢止めを~~!ギブ・ミー・下痢止め~!!」


と、心の中で叫ぶも、先生は、


「抗生物質で腸の善玉菌がやられたのかもしれないねえ。検便して。」


!!!!!



生まれてこの方、検便したことのない私。


2回の出産にもウンよく(?)プッシュしたときに赤子と一緒にうOOは出さなかったのに~!!ここに来て検便ですか?!
(ちなみにアメリカで出産時は浣腸しません。だからうOOが出てしまう確率はとても高いのです。)


看護婦さんに連れられて、しぶしぶトイレへ。
下痢も超特急状態なので、1回でオッケーかと思いきや量が足りないとかで2回も検便するはめになりました。

ああ、見ず知らずの方に2回も私のうOOを処理していただくなんて恥ずかしすぎる・・。でもこの恥も一時のこと。後は、下痢止めをもらって、こことはおさらばよ!

そう安堵していた私に先生は、

「ともかく今服用している抗生物質はやめて、新しい抗生物質にしましょう。また今日から7日間服用してください。」

とだけ言い残して、部屋を去ろうとしたので、あわてて私は、

「下痢止めは処方してもらえないんですか?!」

と聞いたら、

「今の抗生物質を服用するのをやめたら下痢も止まるでしょう。今度の抗生物質は下痢止めと服用するとさらに下痢を促進してしまう可能性があるので、下痢止めは飲まないでください。」

と言われました。

この下痢を止めるためなら・・と私も食い下がり、

「今の抗生物質を止めたら下痢も本当に止まるんですよね!?止まらなかったらどうするんですか?」

下痢止めも服用できる抗生物質出してください。」

と、もう最後は懇願のような形に・・。

でも先生は、

「今は原因が断定できません。検便の結果が2、3日で分かりますから、それで本当に抗生物質の副作用なのか、それともウィルス性のものか判断できるので・・。ともかく乳腺炎の抗生物質は下痢止めと服用できないので、仕方ありません。」


そして下痢は何も改善されないまま診察終了・・・。


そして翌日・・・。

続きはER体験記2で。

スポンサーサイト


コメント

  1. もともとともこ | URL | -

    お久しぶりです

    久しぶりのコメントです。
    (ゆい子さんの所から見ています。お引越のころにコメントをしました。。。)

    虹男君誕生、おめでとうございます!!
    私も2009年1月に次女を産んだので、勝手に親近感をもってます。

    ごんぐりさんは、のんちゃんのときは乳腺炎になりましたか?
    私は次女で初めて乳腺炎になりました。
    熱がガンってでるし、おっぱ○も痛いのに、さらに下痢だなんて!
    ホント、お弁当を作るなんてえらい!すごい!

    ER体験記の続き、楽しみにしていま~す。

  2. gonguri | URL | -

    Re: お久しぶりです

    もともとともこさん、こんにちは~。コメント有難うございます!こんなしょぼしょぼブログに訪問し続けてくれてるなんて、うれしいです。
    ところで、次女さんのお誕生、おめでとうございます!2人目はどうですか?2人目伝説をいってるかしら?
    私も虹男くんで、初めて乳腺炎になりました。マジ痛っす。でも、それ以上に今回の偽膜性胃炎は痛かった・・・。でも、今は回復してます。アイスクリーム(乳製品)が当分食べれないのが残念ですけど。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gonguri2008.blog43.fc2.com/tb.php/128-321d3d6a
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。