スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒園式

2011年06月21日 21:16

6月19日にのんちゃんの通う日本語の幼稚園の卒園式がありました。

61911C.jpg

2008年4月にオレゴンへ引っ越してきて、この園には9月から通い始めました。

総勢10名のうち9人が年少で、お母さんと別れるのが嫌で大泣きしている子、

玄関でくるくる回っている子、お仕事の時間中、何もしないでふらふらしている子、

おしゃべりに夢中な子・・とみんなばらばらで、前途多難と思われるようなスタートでした。

のんちゃんは私と別れるのが嫌で大泣きしたり、

お仕事の時間はほとんどみんなの活動を見ていただけで終わったり、

友達の名前もいっこうに覚えず、「青い服を来てた子」などとお友達を呼んだり、

正直、3年間、続けられるのか・・、と心配しました。

それでも、子供は日々成長していくもので、お友達と次第に仲良くなっていくと、

年少さんの後半では、この園の時間と環境は彼にとってはなくてはならないものになっていきました。


年中では、坊が誕生して幾分、彼なりに不安定な時期があったりもしましたが、

いつも彼には、彼を待っていて、受け止めてくれる園と友達と先生がいたので、

心の状態を保って行けたようです。


しかし、年長に入り、キンダーが始まり、のんちゃんの様子が激変しました。

初めての英語の学校で大人数のクラス、

午前はキンダーとESL,午後は日本語の幼稚園と3クラス併行の過密スケジュール、

坊ちゃんが活発になり、私のアテンションが減った等々、

いろいろな環境の変化が、彼の心の中ではうまく整理できなかったんだと思います。

家庭内では、毎日、悪いことをする→ヒステリーおこす→タイムアウト→怒鳴って、叫んで、物を破壊する

というほんとリアル積み木崩しでありました。

その時は、オットの出張も重なり、私も体力的、精神的に限界にきていたのもあって、

悪循環だったのだと思います。

そんな時に、先生とお話しする機会があり、その時に先生がおっしゃった言葉は、

すごーーーーく痛い言葉であり、正直ムカッともしましたが、

裏を返せば的を得ている言葉でした。

その言葉を重く受け止めて、のんちゃんを見守ろうと決意して年長の3カ月が過ぎたころ、

先生が帰り際に、発表会の絵をみんなで書いている時のことを教えてくださいました。

みんなで町を描いていたのですが、のんちゃんが線路を書いていて、

先生がちょこっとえんぴつで薄く書いた下書きのところにのんちゃんの線路が来た時に、

わざとよけて線路を書き続けたそうです。

この微妙な出来事とのんちゃんの彼らしらを取り戻しているのを先生は見逃さずにいてくれたことに、

私はすごく感動して、先生と一緒に泣きました。



そして、園の友達に教えられたこともいっぱいありました。

やきもちからか、坊が歩き出したころから、坊へのいじわるが始まりました。

私やオットから怒られ、怒られると耳を塞ぎ、逃げ出したりしていました。

そんなとき、弟、妹がいる友達が兄弟に、無償の愛とも言っていいくらい、

溺愛している姿を目の当たりにして、坊との接し方も徐々に変化していきました。

今も相変わらず喧嘩はしますが、のんちゃんにとっても、坊ちゃんにとっても

お互いがなくてはならない存在となっています。

母の日の数週間前に、坊と遊んでいたのんちゃんが突然、私のところへきて、

「マミー、坊ちゃんを産んでくれて有難う。」

と言ってくれたのは、どのプレゼントよりも嬉しい言葉でした。



あっという間の3年間でしたが、親子ともども濃く、大きく成長できたのは、

この園がいつも変わらずあり続け、先生、友達、みんながそこにいてくれたからです。

この大きな地球の中のポートランドという土地のこの時代に、

素晴らしい仲間に出会えた奇跡に本当に感謝です。




以下の写真は、卒園式で卒園生がそれぞれ自分の夢を絵に描いて発表しました。

61911B.jpg

大工さんになるのが夢 

100階建てのホテルを作って、園の先生と友達と一緒に住むのが夢。



のんちゃんは、この3年で彼の人生の「家」は揺るぎない立派な礎を築きあげました。

これから、彼の人生の中で、困難やくじけそうになったときも、

この園で築いた柱は倒れることはないでしょう。

この頑丈な柱をもとに、これからどんな素材や色を使って、

彼の人生の「家」を組み立てていくのかとても楽しみです。


のんちゃん、卒園おめでとう。



スポンサーサイト


コメント

  1. asa | URL | 3fSe.YNE

    Re: 卒園式

    ご卒園おめでとうございます。
    一緒に3年間を過ごせなかったけれど、とても深い時間をのんちゃんやママさんにいただけたことは我が家にとっても幸せでありがたいことでした。ありがとうございます。
    先日も補習校の課題で「お友達を紹介しよう」というのに息子は
    「のんちゃんはおもしろいひとです」と書いてました。
    離れていても大切なお友達。
    8月にお会いできるのを楽しみにしています。

  2. あい | URL | WLLrP7ig

    ご卒業おめでとうございます(^ν^)

    こんにちは、ポートランド在住の
    あいと申します。
    子供がそろそろ幼稚園なのですが、
    午後だけ通わせられる日本語の幼稚園が
    とても魅力的です、
    宜しければどちらの幼稚園か教えて頂けませんでしょうか…?!

  3. gonguri | URL | -

    Re: ご卒業おめでとうございます(^ν^)

    あいさん、はじめまして。
    お返事おそくなってすみません。
    ほとんど放置しっぱなしのブログになりつつあるので・・。(><)
    日本語の幼稚園ですが、個人宅を御使用されているので、
    サイトでは個人情報を出すのを控えています。すみません。
    とてもいい幼稚園なので、是非お教えしたいのですが・・。
    どうやったらお伝えできるかしら?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gonguri2008.blog43.fc2.com/tb.php/200-6768bc0c
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。